健康情報「よい睡眠とは」

  • 2019.01.15 Tuesday
  • 18:43

 

こんにちは名古屋市体育館です。

 

昨日は成人の日でした。

名古屋市16区のうち、東区・中区・昭和区・熱田区を除く12区では、小学校の学区毎に、主に学校施設を使用して成人式を行っています。市内の成人式会場は、180ちかくの会場にもなるそうです。

ちなみに名古屋市では毎年、成人の日記念行事にあわせて新成人に記念品を贈呈しています。

知っていましたか?

記念品は、新成人が作成に携わることで、社会への参画の一助となるよう、新成人から募集したデザインを封入したタンブラーを贈呈するそうです。

興味のある方は名古屋市のホームページに選ばれたデザインが公表されているので調べてみてはいかかでしょうか。

 

さて今回の健康情報は「よい睡眠」について取り上げたいと思います。

 

よい睡眠とは?

朝の目覚めがよいかどうかで、睡眠の質がわかります。

何時間眠れたかよりも、朝の気持ちよい目覚めによって「よい睡眠」かどうかがわかるといえるでしょう。

 

では、どんな時に眠れないのでしょう。               

 

1.環境要因

車の音やアパートの騒音、室温や湿度、寝具(枕の高さや布団の固さ、清潔さ)、照明など、日常の環境要因で眠れないことがよくあります。環境に慣れていくこともしばしば・・・情緒的に落ち着かないときは普段は気にならない環境に敏感になりがちですから、要注意です。

 

2.不安や心配ごと

心配事が沸いてきて、寝付けないことがあります。ほとんどは一時的なことですのでたいていの場合は数日で眠れるようになります。

 

3.病気が原因

ぜんそくや、夜間のかゆみ、痛みが有る場合、また、糖尿病などの生活習慣病でも不眠が起こることが有ります。主治医によく相談しましょう。

 

4.ストレス

現代は「ストレス社会」、特に対人関係で生じるストレスは、精神疲労を起こしやすく、徐々に心を病んでしまうことがあります。ストレスを避けることよりうまく付き合っていくことができるとよいでしょう。数週間不眠が続く場合は専門医に相談することが解決の近道の場合もあります。 

 

5.心の病

うつ病やうつ状態、不安神経症、幻覚や幻聴を伴う統合失調症などの初期症状に、数週間の不眠が現れることがあります。夜中に中途で目覚めたり、朝かなり早い時刻に目が覚めてしまうのが特徴です。専門の精神科への受診が必要です。

 

6.その他

寝る前のコーヒーやタバコなどの嗜好品、パソコンやテレビなどの視覚刺激は寝付きを妨げますからやめましょう。また、寝る前の睡眠薬かわりの飲酒は、熟眠を妨げ睡眠の質が悪くなり疲れがとれにくいためやめましょう。

 

不規則な勤務の場合はとても難しいですが、できるだけ同じ時刻に床につくよう整えましょう。

 

対策は、よい生活習慣と早めの受診です。

規則正しい生活リズムを心がけましょう

適度な運動

食事は3食とり、主食・主菜・副菜とバランスをそろえ、腹八分目食にしましょう

ストレスコントロールを心がけ、上手に気分転換をしましょう

身体や心の病気が原因にある場合は、早期に受診し治療を継続しましょう

 

名古屋市体育館

指定管理者:シンコースポーツ株式会社 名古屋支店

456-0023

愛知県名古屋市熱田区六野2-5-3

電話:052-872-6655

Mail:  nagoya-gym@shinko-sports.com

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    スポンサーサイト

    • 2019.02.16 Saturday
    • 18:43
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      2425262728  
      << February 2019 >>

      selected entries

      archives

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM